読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリアへ旅行することになりました。

新婚旅行で行った際に、色々とイベントがあり、せっかくなので記録に残そうと思いました。

トランクのタイヤ修理

 トランクを出してみたら、タイヤが残念なことになっていました。

f:id:cinqueterre:20160927234144p:plain

こちら1個だけでなく、4つ全て全滅でした。20年前位に購入したサムソナイト、色々と思い入れがあるのでしょうか、嫁さんより修理を依頼されました。

 

修理の為、業者のページをみると一か所7~8000円です。4か所全部となると30000円近いです。コストコに行けば、ほぼ同じサイズのサムソナイトが10000円、2つ入りで16000円とあったりするので、新規購入も考えました。

f:id:cinqueterre:20160927235038p:plain

f:id:cinqueterre:20160927235402p:plain

 

今後、大型トランクを持つほどの旅行をするかというと、そうでも無いので、試しに自分で修理をしている方がいないか、検索したところ、結構いらっしゃったので、そちらを参考にしつつ、タイヤや内径等を測定、ホームセンターで以下を購入致しました。

 

金額的には全てで1550円です。

ステンレス対応の金のこ
38mm タイヤ 4個
ステンレスキャップスクリュー M6x50 4個
ステンレスワッシャー M6 x 外径13 x 厚さ1mm 袋10個入り
ナイロンナット M6 袋4個入り
袋ナット M6 4個

f:id:cinqueterre:20160928004223p:plain

 

作業ですが、トランクについているタイヤの横の隙間を金のこで、ひたすら切ります。1か所につき、20分から30分位で切断できます。電気のこぎりが欲しくなります。

タイヤの右側をようやく切断出来ました。

 f:id:cinqueterre:20160928010629p:plain

 

中のワッシャーを切断面から掻きだします。

f:id:cinqueterre:20160928010850p:plain

 

真ん中のシャフトが抜けやすくなります。

f:id:cinqueterre:20160928011218p:plain

 

抜いた後の反対側は購入したキャップスクリューを刺すと押し出され、簡単に抜く事ができます。

 f:id:cinqueterre:20160928011713p:plain

 

後は削り粉を処理して購入したものを順番にさします。

1.キャップスクリュー

2.ワッシャー

3.タイヤ

4.ワッシャー

5.ナイロンナット

6.袋ナット

ナイロンナットをどのくらい締めるかによって、タイヤの動きが変わります。

あまり強すぎず、抜けない程度に調整します。ナイロンナットの代わりに抜けないハードロックナットもありますが、締めてしまうと調整が出来ないと思い、ナイロンナットにしました。

f:id:cinqueterre:20160928011934p:plain

f:id:cinqueterre:20160928013344p:plain

とりあえず、今回の旅にはこちらで 間に合わせる事にしました。