読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリアへ旅行することになりました。

新婚旅行で行った際に、色々とイベントがあり、せっかくなので記録に残そうと思いました。

6年前にイタリアでレンタカーを借りた時の話

6年前にレンタカーを手配する際に、イタリア訪問先の知人宅の近所に赤文字のレンタカー屋があったので、それでその会社の日本サイトから現地の営業所を指定して手配したのですが、今でも忘れられない思い出になります。

 

2か月も前にベンツのAT車を予約したのに、当日指定の朝9時に行ったら無いと言われ

この後、最後の晩餐の予約時刻があったので、戻ってくる頃には用意できるとのことでしたので、手配を続けてもらって、地下鉄で行くことにしました。その後、11時に戻ったら、まだ無いと言われ、近所の知人宅に戻ってからお昼にして、13時過ぎに3度目の訪問に行ったら事務所の前に日産のマーチがあり、まさかと思ったらAT車用意したと言ってきた。こちらは車格のクラスも違うし、わざわざベンツが乗りたいと指定したのですが、と伝えたら、日本の車も良いよと言ってきたので、こう伝えました。

知ってるよ日本でレンタカーしても一緒だからベンツクラスをわざわざ指定したと切れ気味伝えました。そしたら、それはジェノバ営業所にあると言い、そこまで行けば用意できると、あり得ない回答をしてきた。

既に9時から4時間を経過、当初の予定では、9時に借りて、10時最後の晩餐を見て、そのままチンクエテッレへ出かけるはずが、まだミラノにいる。

無いものは仕方が無く、保険を全部営業所持ちでかけさせて、13時半過ぎにやっと営業所を出発しました。

自分は怒りモードでしたが、知人と嫁さんはイタリア人的な仕事が出てたねと話してました。

 

実は、レンタカーの件はこれで終わりでは無いんです。

最終日に空港へ車を返却した際に、行きの件をクレームとしてあげたら、金返せばいいんだろうと投げて渡してきたので、こんな金いるかーー!!と受け取らず帰国しました。帰国後、日本の事務所にイタリア営業所と空港カウンターの件を旅行が台無しとクレームした所、申し訳ございませんと、お詫びを頂いてます。

 

妙な話なんですが、こんな所で日本で良かったと安心感を覚えました。